炎の打鍵士

またタイピングと関連のある話をする。まるで俺がタイピングがすごく好きな人であるかのような誤解を受ける頻度でタイピングの話をしているが別にそうではない。

左小指がやたらヌメヌメベタベタする。謎の物質により今対面している机も若干のべたつきがあるが、あまり気にならなくなってしまった。それ以上に俺の肉体の一部がベタベタしているからだ。タイピング練習サイトの診断により、一番の苦手指とされている左手小指。タイピングが苦手な指からは妙な物質が分泌されたりするのだろうか、そんな類の呪いは聞いたことがない。キーボードを光にかざしてみると何やら「A」キーにテカリが見える気がしたのでティッシュで拭いてみたりするのだが効果は得られず、依然としてぬめり続けている。Aもまたタイピング練習サイトに苦手キーとしてお叱りを頻繁に受けている箇所なのだがタイピング界の呪いというものは実在するのだろうか、いやそんなはずは。

いつの間にか嫌なヤニでも付着してしまったのだろうか、まあこのキーボード打ちにくい気もするし買い替えるのならば今だろう、ということでキーボードを新調した。メンブレン方式?のUSBのやつ。お値段何と2000円ちょっと、非常に満足しています。☆5つを付けたくなるくらいの打鍵感、アマゾンまで出向いてレビューを付けることも辞さないくらいの。さっそくタイピング練習サイトで長文を打ち付けてみると、これが手も疲れにくいわミスも減るわタイプ速度も上がるわのいいことづくめ。あとは痩せたり仕事がうまくいったり彼女ができたりすればレビューとして満点なのだが、またしても左手小指がヌメつき始めた。どうして。Aの摩擦が他のキーよりも怪しい、またか。再度ティッシュで拭いてみてもやはり効果が得られない。話は聞かせてもらった、呪いというものは確かに実在する!とおためごかしにMMRごっこをしたところで俺の小指は救われない。最近では毎日5回ほど石鹸で手洗いをしている、弱酸性では無理なのか、強酸でもぶっかけた方がいいのか?最近では、といったもののもはやヌメりを感じるたびに洗面台に行くのも億劫なので小指を舐めてティッシュで拭いたりする。俺は毒手でも完成させようとしているのか?バキにそういう話があったでしょ確か。