一富士二鷹三ギャツビー

ふぐりたたみ洗い。そう貼り紙された流しの蛇口をひねろうとした瞬間に目が覚め、トイレに向かうことになった。

トイレから戻りベッドの中、寝ぼけた思考ながらにこの言葉について考えてみたがその意味を汲むことができずに至る現在。よくある睡眠中の尿意に対するアラートの一種として水場の夢を見たのだろうが、それまではトイレを探してデパート内を駆け回るなどかなり直接的なイメージで膀胱の危機を告げるものであった。が、今回は自らのホースを蛇口に見立てる婉曲表現。脇には謎のメッセージ、流しの貼り紙と言えば節水や手洗いうがいを喚起するものというセオリーを一切無視した下ネタ。夢らしいといえば夢らしいのだが。「たたみ洗い」という一繋ぎのワードが何らかの専門用語である可能性も捨てきれずにググってもみたのだが畳の洗い方についての質問がヒットするばかりだ。まさに怪文書。

ふぐり。様々な呼称はあれどこれはまあ、ふぐりのことである。性のシンボルであり男なら大体が持っているアレのことで、それ以上でも以下でもない。たたみ。服を畳む、など動詞から派生したものかイグサから作る敷物なのかは分からんが、形と面積を整えて収納しやすくするニュアンスだろうか。洗い。ふぐりと同じく読んで字の如く、だ。流しの脇にこの文字列が添えられているということはそこの水を使って洗え、ということなのだろうか。人間を入れるには不親切な狭さのスペースで、下半身を露出し、ふぐりをどうにかして畳んでから洗えば何らかのミッションから解放される、そんなメッセージのこもった夢なのだろうか。

水場の夢が尿意以外のものも示唆している可能性も考えて「水場 夢」のワードでググることも試してみた。最も近いと思われるものは「水道の栓をひねる夢」。意味するところは「望みが叶わず、欲求不満が限界まで達している」……。そこからさらにふぐりを水に浸そうとするストーリー。今、一つの意味に向かい始めている趣がある、が、何しろ今年の初夢。ただの尿意の顕れだと思うことにした。