68 夏炉夏炉

暑い。しかし俺の足元ではストーブがごうごうと燃えている。5月も半ば。俺の性癖カミングアウトに期待が高まる前に念のため説明をしておくと、暑いから半裸という名の薄着でいたところ寒かったのでストーブを入れたら暑かった。それだけの話。あまりに理路が…

67 座布団を食べるのはおやめください

特にすることがある訳でもないので、テレビのリモコンをいじると相撲中継がやっていたので見ることにした。が、唐突に実況が行司について話を始めた。詳しい部分は忘れたので覚えているところだけかいつまんで話すと「土俵上で独特の振る舞いをする」「まる…

66 ビターエンド

起きたら枕にチョコが付いていた。シャツに口紅が付いていた、みたいな感覚で喋るからなおさら意味不通になっていると思われるのでもう一度言っておく、枕に、チョコが、付いていた。枕に付く流体では血や涎など人間の体液が最右翼だが、ちょっとやそっとの…

65 作文作文

作文の授業とかあった。どんなことを書いたかなど一切覚えていないが確かにあった。コーナーに追い詰めてレフェリーの制止も聞かずに浴びせるダメ出しのラッシュ、その果てに出来上がったのは本当に俺の書いた文だったろうか。行事があるたびに感想を書け感…

64 ぺディグリー虚無

犬が吠えていた。またか。以前にもこの道を歩いているときに、曲がり角にある周りと比べてやや大きな家、その前に仁王立つこのゴールデンレトリバー的な大型だか中型だか詳細は不明だが、とにかくパツキンでメリケンな犬に熱い歓迎を受けたのだった。鋭い牙…

63 湯醒め

風呂に入るのに、すごく緊張した。風呂から足が遠のくのには20代男性には割とありがちな億劫だ、という理由もあったが、それにしても風呂に入るのに緊張してずいぶんと二の足を踏んだ。何せ風邪が長引き結構な期間風呂に入っていなかった、初めて義母をお母…

62 さらし者どもが夢の跡

久々に大学。というか久々に外出。シャバの空気は美味いぜ、刑期4日終えて。しかし外気は美味さ以上に、暑い。 聞いてない。俺パーカー着てるんですけど?春っぽい可愛いのじゃなくて秋っぽいイナゴみたいなやつ。防寒性能を全身で表現しつつイナゴも表現す…

61 ムトーハップ

長いこと風呂に入っていない。画面から立ち上るスパイシーさに人々が鼻腔に戒厳令を敷いたところで続けるのだけれど、何も理由がなくある種のテロ行為として入浴をボイコットしている訳ではない。風邪だ。明らかに喉が痛い。鼻が詰まっている。体の節々が軋…

59 マウストーマウス

マウスを買い替えた。起動して数分で、さもそこが人生の岐路であるかのごとく立ち止まるマウスポインタに嫌気が差したため。ああこいつはYahoo!Japanを死に場所に選んだのだなとひとしきり納得できたところで電気屋さんへ。大きさや操作感の参考にするため、…

58 コシのある太men

太った。いつの日か痩せるという旨の日記を書いておきながら、平気で太れる自らのおもしろシナプスに慚愧の念がダムを砕く。その日の日記で何も食わないとか言いながら、部屋のゴミ箱からチラ見えるカラフルな包装や立ち上るジャンクな匂いがこの事件を紐解…

57 日本語で学ぼ

新学期も始まったので生物物理学です。見慣れた部屋のはずなのにいざ入るとどうも雰囲気が違う、見知らぬ連中が固まって座っておりよく分からぬ言葉で話している。それ即ち留学生。平均身長とか何から何まで我々日本人よりも一回り大きいので、固まっている…

56 俺たちゃ納税人間なのさ

市議選を控えて選挙カーが忙しなく街宣徘徊中。国会議員選挙と比べてローカルなためか、メインストリート以外の路地でも自己主張の強いハイエースが格差是正を大音響しつつ自転車で上り坂に挑む俺と並走する。平日の明るい内から催されるパレードにテンショ…

55 ピンクの大粒

薬が効いた。不幸自慢大会になるのでこういう話はあまりしたくはなかったがずいぶんと前から腰痛との共存を強いられる毎日、から脱却とまでは到底いかないだろうが気休めくらいになればいいということで薬局でそれらしい薬を買った。「早く効く」「胃にやさ…

54 仮免ライダー

エイプリルフールだがそれに見合うだけの嘘を持ち合わせていないので、俺はエイプリらない。4月1日。自動車免許を取って一年が経った。全然運転していない。教習で嫌というほど自分の才能の無さと向き合うのは辛く、そのトラウマに今でも引き摺られている。A…

53 続・夢語

忍者になっていた。俺は忍者になどなりたくはなかったが、周りの連中がどうあっても俺に忍者の役割を押し付けてくる。忍者というのは委員会活動か何かだったんだと思う。それというのも、俺の父親が忍者の歴史に関して権威のある大人物でWikipediaとかでろく…

52 チャネラー夢想

よく夢見ます最近。眠りが浅いせいだとか原因が色々あるけど、そんなのどうでもいいくらい夢が怖い。助けてほしい。夢がネットにつながるのが怖い。待って、隔離病棟送りはまだ早い。夢が、ネットに、つながる、にじみ出る狂気をホイル包みにできていないこ…

51 意識高い系姿勢

プールに行ってから筋肉痛がひどくて、伝統舞踊を想起させる動きで階段を何とか上り切って部屋のドアを開けベッドに転がり込んだところ、回復体位だった。気が付いた時には、俺は既に回復体位をとっていた。回復体位というのは、頭の下に片手を入れて横向き…

50-21.0975km

4つくらいブログやってきて50番目まで行ったのが初なので勝手に折り返し地点にします。100まで行ったら一旦終わりにします。そうでもしないと、53とかでこのブログがエンディングを迎えかねないからです。ここは東京ビッグサイトなのではなく品川駅前なのだ…

49-書を捨てよ、まともな下着を履け

水着で大学に行きました。誤解を招くような発言をしたことについては陳謝したい。水着で大学に行く、と字面だけで判断がなされた日には最悪ムショで向こう3年は暮さなくてはいけないし、そうでなくても執行猶予が妥当だろう。念のため説明しておくと、水着は…

48-ドラッグ電子

アップデート。iPhoneに換えたのは昨年の8月位のことであったがそれから間もなくして「設定」アイコンに「1」の数字が謎の立候補をしていた。アップデートするためにはwi-fiに接続してください、こんな感じのことを言われたけど情弱が服を着ていること俺には…

47-電気グループ

物理おじさん、という人物の目撃情報がある。大学構内、理系ブロックで彼に声をかけられたという事案が数件俺の耳に届いている。誰でも構内に入れるのは確かに大学の良いところではあるが、果たして今目の前をうろついている人物が爆弾魔かシリアルキラーか…

46-死兆星

雪が降った。寒い。花粉飛ばない時にこそお天気が悪かったりするから、お外出たり窓開けたりができないので歯噛む。3月も中旬の話を俺はしている。もうそろそろ高知県辺りに桜前線がやってくる。そんな時期に雪降ると困る、ただでさえ。予定も狂うし体調の方…

45-ハッピーパウダー

花粉にまみれている。マイクロメートル単位の物質が目に見えてるのかお前は、とか言われそうなもんだが明らかに花粉、部屋中が粉っぽい。口呼吸するたびにぺりぺりとした物体Xが張り付いてくる、鼻呼吸すると粘性のある液体という形で信号が返ってくる。四六…

44-電車にGO

地下鉄に乗っていると空間の歪みを感じた。以前休日の女性専用車両に乗り込んだときに無言の圧力によってミリ単位の厚さになりかけたことがあったが、それとはまた違うし隣の開放的な登頂の持ち主は男だし。正体を探らんと違和感の密度が濃い方向へと視線を…

43-氷の世界

昨日の話。二月も終わりということで暦の上ではすっかり春、今まで頼り切ってきたダウンを断捨離、ファッショナビリティを重視してニットのセーターを着て外に出てみた。めちゃくちゃ寒い。今現在3月間近であるという、地球の公転軌道に疑問を抱かざるを得な…

42-ドリアン記念日

ターミナル駅の一角、切り出した石で組み上げられた壁画――と呼んでいいのかは分からないけど便宜上壁画とする――がどこかで見たことがあるような気がしてしばらく立ち止まることにした。高さ3,4メートルほどなのでよく見える位置からじっくりと眺めて己の記…

41-エーデルワイス

喋る自販機の存在は知っていた。赤井英和、リサ・ステッグマイヤー監修であろうと思われる関西弁や英語を流暢に話す上から200・200・200の機械仕掛けの異邦人に驚かされた記憶はある。しかし幾たびの遭遇を経るにつれて新鮮味が怒りに相転移、「まいど!」「…

40-窮鼠

更新するたびにいつも今日から毎日更新するぞ!という意気込みが湧くと言えば嘘になるが無いと言い切るのも勇気がいる、とはいえこうして更新しようとするとPCの周りに気圧の谷が発生するもんだからさあ困った。自然の驚異には人の身一つで立ち向かうのは勇…

39-三年オンザストーン

テストも終えて春休み、ということは来年度つまり再来月から私は3回生。理系学部3回生という肩書から大衆がどのようにめくるめく想像を拡げるのかは知らないが、世界を司る理に何となく感付いておりそれを察知した謎の機関から刺客を差し向けられ命を狙われ…

38-1円を笑うものは10円で腸捻転

別に寒いからと言ってあったか~い飲み物を選ばなくてはいけないわけではない。人生において、自動販売機で買う飲み物の実に半分ほどがリアルゴールドである。今回ももれなくリアルゴールドを選択、周りのものと比べて10円お安く大変お買い得となっておりま…